吉高由里子・蛇にピアスの裸、濡れ場がエロ過ぎる!!相手役は?

どうもーー

今回は吉高由里子さんについて

あの蛇にピアスの裸がヤバすぎらしい

なんだか気になりますね

それではいってみよう!

ラッスンゴレライww

sponsored link



プロフィール

吉高由里子

IKdduJDZcRdHbpd_PH5IV_448

生年月日 1988年7月22日(26歳)

出生地  東京都

職業 女優

ジャンル テレビドラマ、映画、CM

活動期間 2004年 –

事務所 アミューズ

テレビドラマ

『太陽と海の教室』

『白い春』

『東京DOGS』

『私が恋愛できない理由』

『ガリレオ』

『花子とアン

映画

『紀子の食卓』

『蛇にピアス』

『GANTZ』

『婚前特急』

『GANTZ PERFECT ANSWER』

『横道世之介』

sponsored link




CMやテレビでも話題な

吉高由里子さん

ハイボールのCMに出てますよね

トリス新CM2

 

僕は好きです。

映画も活躍されている

吉高さん

一番衝撃だった作品が

蛇にピアスです。

内容が結構過激でした、、

それがこちらです。

a0138219_1592437

すごいですよね!(◎_◎;)

ガチでやってるんでしょうか?

しかも

撮影前に、蜷川(ニナガワ)監督に対し、

頼まれてもいないのに自ら裸を見せた!!

これぞ、女優魂ですかね

蜷川監督といえば、撮影現場では俳優に厳しく怒鳴るなど

恐れられていることで有名な監督です。

しかしながら、監督も

吉高由里子さんのこの言葉には、

さすがに唖然したそうです!!

蜷川監督は、[じゃ見せて]と返事したそうですが、

吉高由里子さんの後日談によると、

更衣室に行って服を脱いでみせたら

映画監督はびっくりしながら

[あ、大丈夫、撮れる]って

裸を見せた私より監督の方が恥ずかしかった

そうです!!

結構、度胸ありますね、吉高さん

映画「蛇にピアス」が公開されたのは2008年で、

その頃、吉高由里子さんは新人女優で、

映画も初主演だったそうです。

この頃から作品に情熱は高かったようです。

すごいですね

新人女優で裸で出演って

流石は、有名女優

そんな吉高由里子さんですが、

 

 

 

さらにすごい過去があったそうです。

それは2007年9月、

映画「蛇にピアス」の主演が決定した

翌日に交通事故を起こして

全治半年の大怪我をしました。

その怪我は、集中治療室に

5日間も入っていたらしいですよ

相当大きな怪我だったのですね!!

「顔からジャリジャリ音がするのが気になって気になって。

そしたら、今度は血も流れてきた。
看護師さんには「鏡を見せて下さい」と言うと、

「鏡は無いです」って。
心の中では「そんなはずないやん!」

と思っていましたが、

どうしようもありません」

寝返りも打てないほど身体が痛み、

トイレに行こうとしても看護師に

[下の面倒は見るから]と止められる。
だが、どうしても気になった吉高は、

夜中にトイレまでかけ走り、鏡を見た。

急いで

ぐるぐる巻きの包帯をとると、

そこに映っていたのは皮膚が全部はがれ、

かさぶたに全面覆われた自分の顔が

無残なことになっていました。

女優にとってはとっては顔は命です。

当然ながら、吉高由里子さんは

ショックで立ち直れなっかたらしいです。

しかし、そんな吉高さんを救ったのは母でした。

顔全体を包帯に包まれた娘に対し、母は

「(吉高の)鼻の息で包帯がプルプル揺れるのが

面白かったようで、

笑いながら携帯のカメラで私を撮るんです」。

吉高さんはこうした母の行動を見て、

生きていける力を貰ったそうです。

母が娘に対してあんな行動するのは

びっくりだけど母の愛をかんじますね。

吉高由里子さんは、こんな事を感じた様です

[あの頃の私は人にありがとうや

感謝の気持ちを忘れていました]。

と、つぶやきました。

母が

お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、

だから神様がくれたチャンスだと思えと言ってくれた

そうです。

sponsored link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ